Webライターが執筆できる記事は?種類・ジャンル一覧でご紹介!

Webライター

Webライターとして働いてみたいけど、どのような仕事か分からない。

「何をしたら稼げるのか?」
「どんなジャンルがあるの?」

この記事では、こんな悩みのWebライター初心者に向けて、執筆する記事の種類・ジャンル一覧を紹介します。

記事を読むと、Webライターとして働いていく道筋がイメージできますので、ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

Webライターが稼げるジャンルは5つ!

Webライターとして稼ぐには、記事のジャンル選びが重要になります。書く記事のジャンルによって、報酬の単価が異なるため、どのようなジャンルが稼げるのかを把握することが成功する秘訣です。

  • 専門性の高い知識や経験が必要なジャンル
    専門的な知識や経験がないと記事がかけないジャンルは、報酬が高単価になります。
  • 大きなお金が動くジャンル
    企業がWebライターに高単価で記事を依頼しても、費用を上回るメリットがある業界では、報酬が高単価の傾向があります。
  • 新しい技術やサーボスのジャンル
    新しい技術やサービスがリリースされた時など、Webライターが未開拓のジャンルは高単価になりやすいのです。

高単価で稼げるジャンルはたくさんありますが、ここでは稼げるジャンルを一覧で5つ紹介します。

金融系のジャンル

ファイナンシャルプランナーの資格や金融業界で働いた経験がある人におすすめです。資格なども存在するため、実績を証明しやすく他のライターよりも高単価案件を受注できます。

医療系のジャンル

医療従事者の人におすすめです。医療などの専門的分野の経験を活かし、執筆することができます。また、本業での経験も活かせるのですぐに案件を受注することができます。

転職系のジャンル

転職の経験や転職エージェントで働いた経験がある人におすすめです。近年は、転職するサラリーマンが多く非常に需要の高いジャンルになります。

IT系のジャンル

プログラミングスキルやIT業界で働いた経験がある人におすすめです。プログラミングができるだけでも、サイト構築やシステム設計などの案件も受けられますがその知識を活かし記事を執筆することが可能です。

不動産系のジャンル

宅地建物取引士の資格や不動産業界で働いた経験がある人におすすめ

Webライターが執筆できるジャンル一覧

高単価のジャンルと言っても、1文字2円ほどでで報酬単価は6000円程度になります。そのため、高単価を狙うだけで、稼げる訳ではありません。高単価案件を継続することが重要です。

Webライター初心者のうちは、自分が得意なジャンルや書きたいジャンルを選びましょう。そうすると結果として、稼げるWebライターに成長します。

ここでは単価は気にせず、Webライターとして需要のあるジャンルを一覧で3つ紹介します。

エンタメ系ジャンル

・テレビ
・アニメ
・芸能ニュース
・映画

Webライター初心者におすすめのエンタメジャンル。専門的な知識や経験がなくても、書きやすいジャンルです。エンタメ情報は毎日更新されていくため、クライアントはWebライターに大量の記事の執筆を依頼します。誰でも記事を書くことができるので、単価は低い傾向です。

趣味系ジャンル

・旅行
・キャンプ
・釣り
・読書

自分の趣味を記事に書くとき、知識や経験がすでに身についているので、スムーズに記事を執筆することができます。趣味の内容ならリサーチで情報を集めることが捗り、楽しみながら仕事に取り組むことができるでしょう。

恋愛ジャンル

・マッチングアプリ
・婚活サービス
・恋愛体験談

恋愛ジャンルは恋愛経験が豊富であったり、婚活サイトやマッチングアプリを使った経験があったりする人におすすめ。恋愛ジャンルは自分の経験を記事にするため、リサーチで情報を集める時間が少なくていい点もおすすめの理由の1つです。恋愛で悩んでいる人の数は多く需要が高いジャンルなので、Webライター初心者の人でも気軽に挑戦してみてください。

初心者がジャンルを選ぶ3つの注意点

前述したように、Webライターとして稼ぐなら、ジャンルを選ぶかが重要になります。
ここではジャンル選びの注意点を3つ、紹介します。

①最初は高単価ジャンルを避ける

Webライター初心者のうちは、記事を書くことに慣れることが最優先です。慣れるまでは高単価ジャンルを避けて、自分が書きたいと思うジャンルを選んでください。高単価ジャンルを書くのは、Webライターの仕事に慣れてきてからステップアップとして挑戦するぐらいの方が、結果的に稼げるWebライターに成長します。

②ジャンルはできるだけ絞る

どのジャンルが自分に向いているか分からない、Webライターはジャンル選びに苦労すると思います。さまざまなジャンルの記事を書き、自分に合ったジャンルを選ぶのもいいですが、最終的には書くジャンルを絞りましょう。

稼げるようになるには執筆するジャンルに対して、専門性の高い知識や経験が必要です。それならジャンルを絞り、同じジャンルの記事を書き続けた方が詳しい知識が身につくと思いませんか?またジャンルを絞り詳しい知識が身につくことで、記事を書く前の情報を集める時間が短縮されるメリットもあります。

③書きたくないジャンルは避ける

Webライターの仕事は、記事を書いて納品することです。記事を書くたびに、書きたくないジャンルの記事を書くことは辛いことです。高単価だからといってジャンルを選んでも、記事を書くのが続かなければ高単価の報酬はいただけません。ですので少しでも、書きたくないと思うジャンルなら避けてください。自分の書きたいジャンルの単価が低くても、書き続けて納品数が増えると高単価ジャンルより稼げるようになります。

Webライター初心者のうちは、企業サイトの仕事に挑戦することをおすすめします。

企業がサイトの案件は、記事を書くための”マニュアル”や”レギュレーション”と呼ばれる執筆ルールが用意されていることが多く、初心者でも安心して記事を書き進めていけます。

Webライターの仕事はどこで募集されている?

仕事を探すには、クラウドソーシングサイトを使うのがおすすめです。クラウドソーシングサイトでは、Webライター初心者や未経験の人でも応募可能な仕事がたくさんあります。仕事の流れや仕組みに慣れるまでは、クラウドソーシングサイトで仕事を探してみましょう。募集されている仕事の詳細などを見て、どんなジャンルか、どんな単価か、どんな内容か、仕事内容やWebライター業界の勉強にもなるので、登録だけでも済ませておいてください。

クラウドワークス

用元:クラウドワークス公式

クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサイトです。登録するサイト選びに迷っているなら、とりあえずクラウドワークスに登録してください。募集されているライティングの案件数が多く、初心者歓迎の仕事もたくさんあります。

ランサーズ

引用元:ランサーズ公式

ランサーズは、大手企業の仕事も数多く募集されているクラウドソーシングサイトです。クラウドワークスに比べて、仕事のジャンルが幅広く募集されています。クラウドワークスとランサーズ、とりあえずこの2つに登録しておけば大丈夫。あとは仕事に慣れて、次のステップに進みましょう。

SNSなど

クラウドソーシングサイトの仕事に慣れたら、SNSなどで仕事を取りにいきましょう。TwitterなどのSNSでも、仕事が募集されています。ただトラブルが起こると、自分とクライアントで対応しなければなりません。クラウドソーシングサイトでは、運営側が解決の手助けをしてくれます。クラウドソーシングサイトは便利なところもありますが、手数料やシステム料がかかります。SNSなどでの仕事をするのは中級者になってからでも遅くないので、焦らずにWebライターとしての実力をつけていきましょう。

仕事を受けるためのステップ

Webライターとしての1歩を踏み出すことは、緊張するかもしれません。それでもまずは、仕事に応募してみてください。仕事として記事を書くことが、Webライターの成長につながります。

ここでは仕事を受けるための3ステップを、紹介します。

Step1:気になるジャンルの仕事に応募する

まずはクラウドソーシングサイトに登録し、どんな仕事が募集されているか、探してみてください。仕事を探すとき気になるジャンルで検索すると、該当ジャンルが一覧で表示されます。募集されている仕事の詳細をしっかり読んで、応募してみましょう。

Step2:執筆ジャンルについて勉強する

応募が通ったら次に、執筆するジャンルについて勉強しましょう。ネットで検索したり、本を読んだりして、基礎的な知識を身につけましょう。この段階では、浅く広い理解でも大丈夫です。

Step3:仕事をしながら情報を集めて勉強する

最後に仕事内容の記事を書くため、必要な情報を集めましょう。執筆するジャンルを絞ると仕事を受けるたびに、どんどん知識が増えます。

Webライターとして働き続けるために必要なこと

Webライターとして働き続けるために、意識することはたくさんあります。ここでは絶対に必要なことを3つ、紹介します。

ライティングスキルを磨く

Webライターに必須なスキルのライティングスキル。どの記事の種類でも、どの記事のジャンルでも、伝えたいことを文章で書きます。ライティングスキルさえあれば、依頼された記事の単価交渉にも応じてくれることがあります。

クライアントと読者を意識して書く

Webライターはどんな記事でも、読者に向けて書きます。ですので記事を書くとき、常に読者目線を意識して執筆します。どのような読者を想定するかは、記事を依頼するクライアント次第です。Webライター自身が書きたいことを書くのではなく、クライアントと読者を意識して記事を書くようにしましょう。

SEOについて学ぶ

SEOとは簡単に言うと、Googleなどで検索されたときに、記事が上位に掲載されるようにするテクニックのことです。クライアントは、SEOについての知識やスキルがあるWebライターを手放したくありません。記事の単価を上げてでも、記事を依頼したいと思えるWebライターになってください。

まとめ

Webライターを始めてみて、どんな記事を書くのか、どんな記事の種類・ジャンルがあるのか、不安になると思います。

結論、とにかく仕事に応募すること。悩む前に、募集されている仕事に目を通し、応募してみてください。最初のうちは稼げるジャンルを選ぶ必要はなく、自分が書けそうなジャンルを選び、Webライターの仕事に慣れることが重要です。

仕事に慣れつつ、これから書いていくジャンルを絞り、ライティングスキルやSEOの知識を勉強してください。そうすることで、Webライター初心者を卒業でき、単価交渉などもスムーズにできる稼げるWebライターに成長します。

タイトルとURLをコピーしました