【初心者向け】アフェリエイトブログを作る上で必要なことは!?作り方をご紹介します!

Marketing

初心者がブログサイトを立ち上げる上で、まず初めに行わないといけないこと

サーバー契約など以外で、
「ジャンル分析」や、「商品が売れるしくみ」「消費者の心理フェイズ」などブログを立ち上げていく上で準備する必要がある内容を紹介します。

以下の流れで、ブログサイトを作り上げると効率的になります。

1.ブログサイトのジャンルを決める
2.収益を生むキラーページを作成する
3.ターゲットを決め、セールスラインを構築する

実は、ブログの記事には商品を購入してもらう記事「キラーページ」「集客記事」の2種類があり、それらを結びつけるセールスラインをうまく構築することで安定した収益を上げることができます。この構造をブログ立ち上げ初期段階から検討できているかでブログの成長スピードが異なってきます。

本記事では、実際の具体例を使いながら各記事の作成方法やブログジャンルの選び方などを詳しく説明しています。これからブログを始めようと思っている方は、是非参考にしてみて下さい。

Step1:ブログのジャンルを検討する

ブログのジャンルは、アフェリエイトでの収益に直結するものでブログサイトそのものの柱となる非常に重要なものです。このジャンル選択を始めのうちにしっかりと行っている方でブログサイトの成長スピードは大きく異なります。また、このジャンル次第でブログの収益化ができる・できないが決まると言って過言ではありません。

ブログジャンルのNG例

例えば、、、、
1.競合性の高いジャンルを選んでしまった場合:
検索結果がなかなか上がらず、収益を上げるのかなりの時間と労力が必要

2.自分の不得意な分野のジャンル:
たとえ、競合性がないとしても自分が得意とする分野でなければ質の良い記事が書けず集客を見込むことができません。例えば、英語が苦手な人が英会話スクールのおすすめをしても記事を書けません。

苦手な人におすすめされても説得力がありませんよね?

このように、ブログジャンルの選定は、ブログサイトを立ち上げる上で非常に重要な要素であり、一番最初に時間をかけて検討する必要があることになります。

ブログジャンル選定のノウハウは、以下にまとめているので参考にしてみて下さい。

Step2:収益を生むキラーページを決定する

次に、ブログジャンルが決まれば、その中から、収益性を生むページを検討します。これが、ブログアフェリエイトでのメインの収益となります。この収益を生むページのことをキラーページと呼びます。

基本的に、このキラーページへ集客し商品やサービスを購入してもらうことで収益があげられる仕組みになっています。そのため、キラーページで重要視することは、集客力ではなくいかに商品やサービスの特徴をユーザーに伝えられるかになります。

具体的に説明すると以下になります

例えば、、、
「旅行系のジャンル」でブログサイトを立ち上げる場合

▶ASPから提供されている広告を確認する
「旅行予約サイトへの会員登録」
「旅行の宿・ホテルの予約」
「旅先でのレンタカーの予約」
などがあります。

▶キラーページで記載すると内容
予約サイトに登録費用などの基本情報やメリット・デメリット、口コミや評判、実際に使ってみた感想などユーザーが予約サイトを利用したいと思うような内容を記載します。
※注意したいのが、基本情報や評判だけにならず、そのサービスを利用することでどのよなメリットがあるのか?を伝えることです。

この予約サイトであれば通常価格よりも⚪︎◯%も安く予約でき、滞在中に豪華なレストランを利用することができます!

など、予約サイトの公式ホームページではわからない、実際に使って見てのメリット・デメリットを伝えることを意識しましょう!

キラーページを閲覧するユーザーは、商品に関する情報や、サービス内容、価格などは既に知っている状態になります。そのため、基本情報は補足程度に抑え「そのサービスを利用すること得られるメリット」商品やサービスを深く知った人だけがわかる内容を記載することが重要です。

Step3:ターゲットを決め、セールスラインを構築する

セールスラインの構築

次に、セールスラインと呼ばれる、キラーページまでの誘導同線を構築します。
「ブログジャンル」「キラーページ」を決定することができれば、残りはキラーページまでユーザーを導くだけです。基本的にブログアフェリエイトサイトの構造は、このセールスラインをいかに構築するかで収益性が大きく異なります。

セールスラインを決めるには、以下の2点は重要です。

  • Step1:市場ニーズの把握する
  • Step2:ターゲット層を決める

以下で詳しく説明しています

1つ目:市場ニーズの把握

まず1つ目は、市場ニーズを把握することです。
市場(=ネットで検索する人)は、「どんな情報を必要としているのか?」「どんな悩みがあるのか?」「何が必要なのか?」そこを考えることからがスタートです。

キラーページを「旅行予約サイトへの会員登録」とした場合

▶ユーザーが検索する意図
宿・ホテルを予約する上で一番重要視することは何か?
価格?、雰囲気?、目的値への距離?、部屋のスタイル?などなど

まずは、キラーページに付随する悩みやニーズをリスト化しましょう!

実際のニーズを調べるには、「Googleのキーワードプランナー」や「実際にGoogle上で検索し予測候補などで推定する」などの手法が最も効果的です。

2つ目:ターゲット=商品・サービスをおすすめしたい人

ユーザーの検索ニーズが、分かればそれらを下記で説明するフェイズに合わせてニーズを配置してみましょう。すると、どの人をターゲットに記事を作成していく必要があるのかが明確になるかと思います。

ネットで人が商品やサービスを買うまでの流れ

商品やサービスを購入するまでの距離で4つに分類することができます。

  • 認知する
    商品やサービスについて知る段階
  • 興味関心を持つ
    認知した諸品に関して興味を示す内容を知りたいと思う段階
  • 比較検討する
    同じような商品を比較し、違いを探す
  • 購入直前
    悪い評判や、デメリットがないか確認する

この4つの中で、「比較検討」段階にいる人を狙うことをお勧めします。
一見、購入直前の人を狙うのが、最も効率的に感じますが購入直前のユーザーをターゲットにしている企業やトップブロガーが多く、ブログを始めたばかりの初心者が検索結果で上位表示するのはかなり難しくなります。そこで、競合性が少ない、比較検討しているユーザーを狙いブログサイト内の購入ページへ誘導することが必要です。

競合性の少ない「比較検討」している人をターゲットにすればいいのね!

そのため、記事の作成する優先順位としては、キラーページを作成した後は、「比較検討」段階のニーズに合わせた記事作成を中心に行っていきます。すると、必然的に一部ユーザーを購入直前のフェイズまで引き込むことが可能となり、競合性の高い(購入直前のユーザー)を獲得することができます。

まとめ

以下で、今回の記事をおさらいしています。

Step1:ブログジャンルを選定する

Step2:収益を生むキラーページを決定する

Step3:ターゲットを決め、セールスラインを構築する

以上で、しっかりと検討できていれば収益を上げるブログサイトの基本構造が確定します。この軸をブログを始める段階から検討できているかが収益性を上げる重要な要素となります。

何ごともまずは、ブログを始めてみることが重要!

まずは、ブログサイトを立ち上げてみて自分は何が書けそうなのか、どんなことができるのか、書き出してみましょう!始めるのが早ければ早いほど収益化への道も近づきます。

タイトルとURLをコピーしました