【保存版】20代手取り15万~20万って普通!?月収を上げるポイントを解説

コラム

年収を上げたいな~。。。

周りの人はどれくら給料をもらっているんだろう??

そもそも、20代の平均年収ってどれくらい?

20代の方の多くは、現在の収入に関して不安を感じているのではないでしょうか?

学生から社会人へと変わり「社会保険」、「所得税」、「住民税」なども支出も大きく増え思った以上に収入が少なく感じる方も多いかたと思います。

そこで、この記事では、「20代の平均月収」から「月収の上げ方」まで詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

20代の平均月収は?

20代では、前半と後半で月収が大きく異なります。

20代の平均月収は、

20代前半の20歳~24歳は、21万2,000円。20代後半の25歳~29歳は、24万4,600円です。(厚生労働省 賃金基本統計調査)

これは、20代前半では入社したばかりで給料が低い方が多いです。しかし、20代後半では入社数年が経ち経験を積むことで給料が年々上昇していきます。

今後の給料水準は?

年齢合計平均男性女性
19歳以下17万9,600円18万3,200円17万3,700円
20歳~24歳21万2,000円21万4,600円20万9,200円
25歳~29歳24万4,600円25万2,600円23万3,400円
30歳~34歳27万4,400円28万9,200円24万6,800円
35歳~39歳30万5,200円32万8,300円25万8,500円
引用:厚生労働省 令和2年 賃金基本統計調査(第2表 性、年齢階級別賃金及び年齢階級間賃金格差)より抜粋

厚生労働省 「賃金構造基本統計調査」

賃金構造基本統計調査は年収(給与)ではなく、主に賃金(所得内給与額)を集計した調査です。また、民間給与実態統計調査と異なり、年間ではなく「6月分の賃金(所定内給与額)」を調査の対象にしています。

実際の手取りは、額面給与額のおおよそ80%程度

月収20万円の給料があっても、社会保険、所得税、厚生年金など控除される額があるため、実際に手にできる収入額は異なります。

額面で支給されいる額に対して、おおよそ80%程度が実際の手取り収入となります。

下記に20代前半と後半の平均手取りを記載しました。

年齢合計平均月収現金給与額
20歳~24歳21万2,000円16万9,600円
25歳~29歳24万4,600円19万5,680円

月収だけでなく年収でも確認!

手取り額が平均額を下回っていたとしても、「収入が少ない」とは言い切れません。ボーナス額も含めた年収でも比較する必要があります。

本来ボーナスとは、業績に応じて還元される一時金という扱いです。

しかし、日本の企業の場合は「ボーナス=収入」という概念が擦り込まれており平均月収が低いとしてもボーナスで補填されている場合があります。

年齢合計平均年収
19歳以下128万9,000円
20歳~24歳259万8,000円
25歳~29歳361万6,000円
30歳~34歳400万3,000円
35歳~39歳436万7,000円
引用:国税庁 令和2年 民間給与実態調査(第12表 業種別及び年齢階層別の給与所得者数・給与額)より抜粋

国税庁 「民間給与実態統計調査」

民家給与実態統計調査では、(1年を通じて勤務した)給与所得者の1年間の給与(年収)を集計しているため、一般的にいわれる「年収」に相当する集計結果がわかります。

手取り15万〜20万円は低いのか?

20代の社会人において月収「15万〜20万円」という額は平均的であると言えますが、それだけで生活を満たせるかと言う難しい額となります。

現代の”生活水準”や”物価”などの上昇を考えると“若さ”、“体力”のある20代のうちにもう少し自由に使えるお金が欲しいものです。

もう少し、自由に使えるお金が欲しいなあ、、、

収入アップを目指して転職など今後を考えるべきか?

正直なところ、社会に出て数年目の社会人にとってすぐに転職することはおすすめできません。

なぜなら、就職し数年目では実績や成果がなく大幅な年収アップが期待できないからです。

逆に、転職によって現在の職場で大幅年収アップのチャンスを潰す可能性も考えられます。
転職するということは、「新たに仕事を覚えること」や、「職場に必要な技術、知識」を再度身につける必要が出てきます。仮に、今の職場を続ければいれば大きな実績を残せるチャンスがあったとしてもそのチャンスを潰してしまうこともあります。

まずは、現状の職場で収入を増やす方法を考える!

一度今後の社会人生活について考えてみる良い機会になるのではないでしょうか?

20代という若さがある今だからこそ、行動も起こしやすいはずですよ。

転職せずに収入を増やす方法とは!?

ほとんどの企業が年功序列を廃止しているため、会社にいるだけで年収がアップするなんて時代は終わってしまっています。

自分から行動を起こさなければ中々収入を増やすことはできませんよ!

職場で昇格/昇給を目指す

日本のほとんどの企業が、「格付け制度」という給与体系を取っており“格=等級”が上がることで給与が上昇していく仕組みになっています。

先ほど示した、年代別の平均月収も年齢を増しキャリア、実績を積むことで等級があがり給与が上昇しています。

複業をで副収入を得る

近年、副業をOKとする会社が多くなっており“副業ブーム”と言っても過言でないほど盛んになっています。

今後の生活を考えると、一つの収入源だけでなく複数の収入源を持つことは必要なことだと思います。

例えば、、、
ネットショップ(フリマサイトやオークションサイト)で不要になったものを売る

これも立派な複業とも言えます。

月に数万円でもいいので、主収入以外の複収入が有れば生活の質は大きく改善します。

貯めている貯金に仕事をしてもらう

15万〜20万の収入もうち、全額を月々の支出に充てている方は少ないかと思います。少なくても月に数万円は貯金されている方がほとんどかと思います。

しかし、マイナス金利など低金利の日本において銀行に貯金を預けているだけでは勿体ないです。

どうせ貯金をするならそのお金に仕事をしてもらうことで追加で収入を得ることができます。

例えば、、、

月に2万円ずつ3年間貯金した場合
約72万円という資金になります。
それらを資産運用に回すことで年間数%ですが利益を得ることも可能になります。

資産運用については下記の記事でまとめているので参考にしてみてください!

収入を増やす以外にも、効率的に使うことで月々の支出を減らすという方法も!

今までは、収入を増やすことにフォーカスしてお話してきましたが、効率的にお金を使うことで月々の支出減らして、自由に使えるお金を増やすという考え方もあります。

普段現金でお買い物されている方は、支払い方法をクレジットカードに変更することでポイント還元を受けれたり、各種優待やテーマパーク施設の割引を受けたりすることができます。

どんなカードがあるのか?迷われた方は下記の記事を参考にしてみてください!

20代は可能性が無限にあります!

20代は、若さ、体力があり行動力が非常に高く柔軟な動きをすることができます。

これまでのキャリアを活かし「自分に何ができるのか」や、「自分がしたいことは何なのか」月収15万〜20万という壁を超えて年収をアップさせることも難しくはありません。

20代には、収入をアップさせるチャンスがたくさんあります。

タイトルとURLをコピーしました