WEBサイトのアクセス数を増やす方法!コンテンツの質を向上させるWEBライティングとは?

Webライティング

ブログで収益を上げるためには、”コンテンツの質を上げユーザーの満足度上げる”必要があります。ユーザーの満足度があることは、検索エンジンから高評価を受けることができサイトへのアクセス数を増やすことができます。

コンテンツの質を向上させるために、センスや、文字数を書くなどは必要ありません。必要なことは、「SDS法」「PREP法」などのWEBライティングスキルをマスターすることです。

論文や作文などを書く時と同様に、基本的な書き方という物が存在します。
この書き方を理解することで、ユーザー満足度、アクセス数に繋げることができます。

今回は、WEBライティングスキルについて詳しく解説します。また、実際の手順も合わせてご説明するので、誰でも簡単に実践することができます
ブログ始めたての初心者でもわかりやすくポイントをまとめているので、是非参考にしてみて下さい。

WEBライティングとは?

WEBライティング=読者に好かれる記事

WEBライティングとは?
WEBライティング =「読者に好かれる記事(読みやすい・理解される)」を作る技術です。WEBライティングスキルを導入することで、ユーザーの抱える悩みに対して必要な情報がすぐにわかるような文章構成になります。

WEBライティングを行う目的は?

WEBライティングを行うことで、
目的のユーザーを意図通りにの行動をとってもらうことができるようになります。

「意図通り」ということは?
ブログアフェリエイトで作成する記事には、それぞれ目的がありその目的を達成するために記事を作成します。ブログアフェリエイトである以上、ユーザーに行動を起こしてもらわないと収益化を行うことができません。

WEBライティングには、3つのステップがある。

・Step1:【プランニング】記事のゴール/ターゲットを明確にする
・Step2:【ライティング】実際に記事を書く
・Step3:【プレビュー】記事全体を見直し「まとめ」を作成する

WEBライティングのスキルを習得することはブログ、アフェリエイトだけでなく、フリーランスライター、本業でのプレゼンテーション、冠婚葬祭などのスピーチ原稿でも応用できるテクニックです。

検索結果で上位表示を目指すならSEOライティングも必要!

また、読者に読んでもらうためには、検索結果で上位表示させる必要があります。

残念ながらWEBライティングどんなに優れていても、Googleなどの検索エンジンに認識してもらえなければ検索結果に表示されず、インターネットユーザーに気づいてもらうことができません。

ここで、検索結果で上位表示を目指すためには、”SEOライティング”も導入する必要があります。

SEOライティングは何が違うの?

結論から話すと、「SEOライティングは、対象としている相手が異なります
WEBライティングでは、ユーザー目線に立って記事を作成しましたがSEOライティングでは、記事を評価する検索エンジンを対象とした、検索エンジンに認識してもらいやすい文章構造にすることです。

「WEBライティング」→対象はインターネットユーザー

「SEOライティング」→対象は検索エンジン

Googleに好かれる記事=SEOライティング

検索エンジンと言っても、”Google”や”Yahoo”など数種類が存在していて、それぞれの検索エンジンに独自のアルゴリズム・評価基準が存在するため、それぞれに対して対策する必要が出てしまいます。

検索エンジンシェア率
Google Chrome65.14%
Safari18.82%
Edge4.11%
Firefox3.3%
出展:スタットカウンター/2022年 6月

しかし、現在の検索エンジンシェア数を調査すると、Googleの圧倒的に高いことがわかります。これは、Googleの検索エンジンに対して対策を行うことで記事の内容を正確に理解してもらえるようになり、適切に評価してもらうことできるということです。

SEO対策については、ほかの記事で説明しているので参考にしてみて下さい。

SEOライティングに関する記事をリンクする

読者に優しい記事を心掛けつつ、検索エンジンに評価されるラインティングも追加していきましょう。

まずは、読者目線で記事を作成し、SEO対策を実施する。

ここで、疑問に思うのが”Webライティング””SEOライティング”どちらから始めればいいの?って疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

検索結果に上位表示されるためには、確かに検索エンジンに評価してもらう必要があるかと思います。しかし、代表的な検索エンジンであるGoogleは、「Googleが掲げる10の事実」という検索エンジンの評価基準を示しており、その中に、「ユーザーファースト」を掲げています。検索エンジンの中で高いシェアを持つGoogleが「ユーザーファースト」を掲げている以上、検索結果で上位表示を行うためには、ユーザーの満足度が高いコンテンツを作成する必要があると言えます。

検索上位を目指すコンテンツ作成として、まずは、WEBライティングでユーザー目線での記事を作成し、それをSEOライティングでGoogleに評価してもらうというのが一般的な手法になります。

ここからは、WEBライティングの
具体的な手順についてご説明します!

【手順】WEBライティングの具体的な方法を解説!

WEBライティングには、3つのステップがあります。
以下の手順で進めていくことで、目的のユーザーにあった質の高いコンテンツを作成することができます。

Step1:【プランニング】記事のゴール/ターゲットを明確にする
①記事のゴールを明確にする
②キーワードに応じた、検索意図を明確にする
③誰に向けた記事なのか明確にする

Step2:【ライティング】実際に記事を書く
④魅力的なタイトルを決める
⑤全体の構成を決める
⑥リード文と本文を書く

Step3:【プレビュー】記事全体を見直し「まとめ」を作成する
⑦記事全体の見直し
⑧記事の見た目を装飾する
⑨最後に結論をまとめる

(応用編): SEOライティングを実施する。

Googleに評価されるSEO対策に関しては、記事の基本構造ができてから取り組むことをお勧めします。

Step1:【プランニング】記事のゴールやターゲットを明確にする。

記事を書き出す前に、「何にのために、どのような記事を書くのか」を明確にしましょう。
ブログアフェリエイトにおいて、記事は収益化に繋がる重要な物になります。記事の目的を間違てしまうと、収益化に繋げれなくなってしまうので、まず初めに目的とゴールを明確にしましょう

具体的には、3項目あります。

①記事のゴールを明確にする

記事を書く目的によって内容や考えるポイントが大きく変わってきます。
そのため、最初に記事の目的を明確にすることが必要です

記事を書く目的の例
  • アクセス数/PV数を集める記事
  • 商品/サービスを購入してもらう記事
  • 被リンクを得る記事
  • SNSで拡散してもらう記事

②キーワードに応じた、検索意図を明確にする

検索意図ユーザーがどういった意図で記事を読むののかを明確にしましょう。また、検索意図により記事内容や結論が大きく変わるため、最初にしっかり考えておく必要があります。

検索意図は、1つのキーワードに対して1つとは限りません。
大きなキーワードほど検索意図が増えます。例えば、「副業」というキーワードであれば「ブログで副業」「株式やFXで副業」など、検索する意図は複数あります。

しかし、キーワードを2語、3語と複合キーワードにすること検索意図は絞られます。具体的には、「副業 ブログ 始め方」などです。「副業としてブログを始めたい人」という検索意図がより明確になります。

③誰に向けたどんな記事?

読者がどこまでの知識を持っているかで、記事内のどこに力を入れて書くかが変わります。

ユーザーのレベルに応じた、適切な内容にする。

ユーザーレベル適切なコンテンツ内容
【初心者】
ブログを始めた初心者
ブログの始め方や、ブログの構造を詳しく解説する。
【中級者】
自サイトを持っている
SEO対策や収益化を行うための方法を解説する。
【上級者】
専門知識を求めている
HTML, PHPなどのプログラミング言語の活用法を解説する。

誰に何を伝えるのか?想定読者のレベルを考える。想定読者が求めているレベルを考える。上位表示されている記事を参考にして、どのような方向性で記事を書くかを考えます。

Step2:【ライティング】実際に記事を書く

Step1で、「記事の書く目的」や、「ターゲット」が明確化できれば、その除法を元に具体的なコンテンツ作成を行っていきます。ユーザーに情報が適切に届けるためのノウハウに沿って作成していくことで、ブログ初心者でも簡単に実践することができます。

具体的には、3項目あります。

④魅力的なタイトルを決める

タイトルは、とても重要です。なぜなら、読者が一番最初に見るもので、記事を読んでもらえるか?、クリックして開いてもらえるか?が決まります。

タイトルを付けるポイント
  • タイトルは32~40文字程度
  • SEOキーワードを含める
  • ユーザーにとって魅力的なもの
  • 記号【】!※を使って読みやすくする
  • 具体的な数字や実績を書く
  • 無駄な文字を削って情報密度を高める

⑤全体の構成を決める

実際に記事を書き始める前に”全体の構成”と”見出し(目次)”を先に決めます。
文章をいきなり書き始めると話がブレることが多いの注意しましょう。

構成を考える時は検索意図をしっかり意識しましょう。重要なことは、「読者は何が知りたくて検索して記事を読みに来ているか」です。

例えば、
「〇〇〇の評判は?」と検索するユーザーに対しては、一番最初に結論を見せることが重要です。

・〇〇〇とは
・〇〇〇の仕様/特徴
・〇〇〇のメリット、デメリット
・〇〇〇の評判は?

ユーザーの検索意図が、「〇〇〇の評判」なので、〇〇〇に関する情報は必要としていません。そのため、読者が読みやすいように評判について先に記載するようにしましょう。

⑥リード文と本文を書く

記事の最初には、リード文(冒頭文)と呼ばれるものを書きます。
これは、記事を読み進める前に、読者はリード文を読んで先を読み進めるかどうかを決定します。記事全体の概要を完結にまとめた内容を示す必要があります。

  • 読者の共感を得る文章
  • 問題提起
  • 記事に何が書かれているか
  • 読者が記事を読むメリット
  • 最終的な結論

リード文で一番重要なことは、「記事の結論を書くこと」です。すぐに結論が分からない記事は読者に嫌われます。

Step3:プレビュー

ここまでで、「記事の書く目的」「ターゲット」「リード文と本文」などコンテンツ全体の構成定まってきたら、一度全て内容を読み返し、当初予定していた目的やターゲットに沿っているのか見直すことが重要です。全てのコンテンツを見直し、その結果を”まとめ”として記載することでより記事全体を客観視した内容を記載できるようになります。

具体的には、3項目あります。

⑦記事全体の見直し

本文を書いた後は、必ず記事全体を客観的に確認してください。
文章を書いている時には、気づけなかったことも、時間が経過すれば客観的に見えるようになることも多いです。確認するポイントは以下にまとめています。

  • 検索意図にズレはないか
  • 想定している読者にズレはないか
  • 読者の悩みは解決するか
  • 読み飛ばしでも理解できる記事か
  • タイトルで内容が理解できるか
  • 誤字脱字はないか
  • スマホで見ても読みやすいか
  • 無駄な文章は書いていないか

⑧記事の見た目を装飾

記事内の文章の確認が行えたら、次は文章に色やマーカー、図などを追加し「読者が飽きずに最後まで読んでもらえるよう」にします。装飾を行う際は、伝えたい事を補うようにすることを意識しましょう。確認するポイントは以下にまとめています。

装飾を付けるポイント
  • 適度に画像、イラスト、図解を入れる
  • 色や太字、マーカなどで、読むポイントを明確にする
  • 文字の装飾には色を使いすぎない
  • 理解しやすいように、箇条書きを使う
  • 読んでほしい重要な部分は、目立たせる

⑨最後に結論でまとめる

記事の確認ができれば、その中で感じた重要なポイントを”まとめ”として書き出しましょう。
ポイントは、文章を読まなくても内容が把握できるようにすることです。

読者の中には、最後のまとめのみを読むユーザーも多く、最終的に起こしてほしい行動と一緒に記載することが、おすすめです。

【勉強③】WEBライティング~Step3:プレビュー~

の記事を添付する。

まとめ

今回は、コンテンツの質を向上させるWEBライティングを解説してきました。
質を向上させるには、基本的な書き方を実践していくことが重要です。

3ステップの概要についてお伝えしましたが、
以下では各ステップの詳細手順についてご説明しています。

Step1

Step2

Step3

このWEBライティングが、マスターできないとアクセス数を伸ばすことができません。ブログの収益化を行うためには、WEBライティングは最重要スキルになります。ぜひ、実践してユーザー満足度を向上させましょう!

タイトルとURLをコピーしました