キャッシュレス社会で貯蓄や浪費を分からない人必見!簡単に”お金を見える化”するアプリとは!?

コラム

何に使っているのか把握する方法とは?

一般的に、支出を把握する方法として有名なのが「家計簿」、「おこづかい帳」が思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか?

しかし実際のところ、家計簿などを細かくつけたり、それを続けたりなどできる人は少ない思います。
付けていたとしても、長続きしない、毎回書くのが面倒になったりと色々な弊害がでて結局、「何に一番お金を使っていたのか」分からずに終わってしまう人もいるのではないでしょうか?

Aさん
Aさん

家計簿は、毎回書くのが面倒だし、忘れてしまう日もある。

結局、何につかっていたのか分からない。

また、クレジットカードや電子決済が増えているキャッシュレス社会がより把握を難しくしてしまいます。「クレジットカード会社ごとに請求日は異なる」、「支払い日から請求日がずれるため何に使ったのか忘れてしまう」など

Bさん
Bさん

クレジットの請求がズレて何に使ったのか分からない。
請求が来たけど、何に使ったか忘れてしまう。

支出が複雑化していくキャッシュレス社会において、支出を把握することが以前よりも難しくなっています。

しかし、キャッシュレスだからこそ、そんな悩みを1発で解消してくれる夢のようなアプリを今回ご紹介します!
お金の流れを全て自動で記録し、さらには、項目ごとに自動でグラフ化までを行ってくれます。

こんな方におすすめ!

  • 表計算送付とや紙の家計簿で挫折したことがある人
  • 毎日何にいくらお金を使っているかを把握したい人
  • アプリで入力を簡単にして、家計簿の収支を見える化したい人
  • クレジットカードや銀行口座を複数持っていて管理が大変な人
  • 自分がどのくらいの資産を持っているのか把握できない人
  • ポイントカードを複数もっている人
  • 株や投資信託、FX、仮想通貨も一括で資産管理したい人
  • 節約、貯金をしたいけどなかな上手くいかない人
  • 家族のお金をまとめて管理した人

おすすめの自動家計簿アプリ!

ご紹介するのは、「マネーフォワードME」とdoomoユーザーに嬉しい機能がある「スマー簿」です。
”Google Play”や”App Store”から無料でインストールすることができます。

自動で、お金の見える化アプリ

「マネーフォワードME]

「マネーフォワードME」は、基本無料で使えるお金の見える化アプリです。
従来の家計簿アプリと違い、電子マネーや、クレジットカード、銀行口座を連携させることで、自動でお金の出入りや残高をこれ1つでまとめて確認することできます。

最大のメリットは、家計簿を付ける手間を大幅に減らせる!

更に、docomoユーザーが嬉しい機能が追加されたアプリ

ドコモサービスの利用状況がまとめて確認できるドコモユーザー必見アプリ!

・「dカード」や「d払い」の決済情報を自動表示
・「ドコモご利用料金・データ通信量」も自動表示
・「dポイント」の獲得状況や有効期限もお知らせ
・「ポイント投資」、「THEO+docomo」の運用推移もまとめて見える化

特徴や何ができるの??

銀行、クレジットカード、電子マネーの連携で自動で家計簿の入力できます!

対応している銀行はなんと、”2,695銀行”!
預金の変動を常に記録し、家計簿に反映させます。また、電子マネーやクレジットによる決済履歴を連携させることで支出項目ごとに自動割り振りが行われます。

手間なく簡単に自動で「お金の見える化」ができるます!

支出の状況を項目別に自動でグラフ化してくれます。
また、月ごとに予算設定ができ予算オーバーしている項目に対しては赤字表示となり一目で支出状況を把握することができます。

また、クレジットの請求日に関係なく月単位で集計が行われるので月の支出を正確に簡単に把握することができます!

アプリ使用者
アプリ使用者

使い始めから月平均28,615円もの収支改善効果を実家したという声もあります。

2,635の金融関連サービス「銀行、クレジット、電子マネー」などが連携できます。

2,635の金融関連サービスを連携させることができます。
銀行はもちろん、
クレジットカード、電子マネー、などのキャッシュレス決済

さらには、各種ポイント、証券、FXなども連携させることができ自動で入出金履歴、利用明細、残高の情報を記録することができます。

安心のセキュリティ対策>

安心のセキュリティ対策

「マネーフォワード」「スマ―簿」ともに株式会社マネーフォワードという、金融関連アプリの運用実績豊富な会社が開発しており。この会社は、セキュリティを第一にシステムを構築し、サービスの運用を行っています。

また、家計簿などのサービスに必要な情報のみ所得しており、これらの情報は通信時・保管時ともに全て暗号化して厳重に管理していて、金融機関向けのサービス提供も行っていることから、常に第三者からの評価・審査を受けてセキュリティ向上されています。

生体認証機能も搭載!

指紋認証や顔認証(アイホンで言えば、Face ID)を使い、ロックの解除ができます。
万が一、スマホが紛失したとしてもアプリ内の情報漏洩を防ぐことができます。

無料版と有料版のちがいとは??

項目無料版有料版 ※最大500円/月
データ閲覧可能期間過去1年間期限なし
連携可能数10件まで期限なし
グループ作成1件まで期限なし
一括更新×
マンスリーレポート×
資産内訳・推移グラフ×
負債内訳・推移グラフ×
ポイント有効期限の通知×
引き落とし残高不足時の通知×
CSVダウンロード×
※有料版の料金は、決済方法、支払い条件に応じて変動します。ここでは、最大料金のみ記載しています。

ぶっちゃけ、必要な機能は無料版にあるので課金なしで収支改善に必要な機能が使えます。

まとめ

今回は、「何いくら使っているのか、把握する方法」についてご紹介しました。

キャッシュレス化が進み、普段何にお金を使っているのか分からなくなってし待っています。

収入ー支出”を一度見直しことで、月々の支出金額が下がることができます。
さらに、その効果は持続するので大きな節約効果になり、結果として貯金を増やすことに繋がります。

ついつい買ってしまいがちなコンビニや、金額が安いからとネットショッピングなどちょっとした消費が思わぬ浪費に繋がっているのかもしれません。

ぜひ、一度チャレンジしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました